懲りないトニー

今回は少し哲学的な切り口から行きたいと思います。

「そこに山があるから」
これはエベレストに挑戦し続けた有名な登山家が残した言葉です。

car-yukiyama

スカイダイビングで命を落としかけた人がまた空から飛び立ったり、雪山で遭難して死に掛けた人がまた雪山に登りたがりますが、トニーはそんな人たちの事を懲りない奴らだな・・・と心から思っていました。

人間とは不思議なものです。
散々無茶する人を否定し続けてきた僕が、エンジンが付かずにあれだけ焦った事があったにも関わらず、その後すぐに車を買い替えるという行動には移しませんでした。

いや、人間ではなく僕が単純にバカなのかもしれません。
間違いなくそうでしょう。

そして僕もまた、怪我した後でも空から飛んだり雪山に登ってしまうタイプなのかもしれません。

car-pero

それから冬季にエンジンがかからないのは当たり前の事で、まだあと何年かこのマーバンとやっていけると信じていました。
精神論も嫌いな僕がなぜかココだけは精神論バリバリです。

慣れって怖いですね。

不思議とそれ以来、あれほどトニーを悩ませるほどのエンジンがかからないトラブルはありませんでした。
僕の愛車LOVE精神がエンジンまで伝わり、動かしていたのかもしれません。

しかし、そんな甘い考えも長く続かず終わりの時が近づいて来ました。

愛車がついに限界?


車査定したら買取価格が上がった!中古車を相場以上で売ったった。 TOPへ

このページの先頭へ