車両保険って何をしてくれるの?

car-hoken車両保険は自分の車を修理するための保険です。

他人の車両と事故を起こしてしまった時や、自損事故(何かにぶつけてしまった)の時、他には天災によって水没してしまった時、車上荒らしにあった時など入っておくと色々な時に助けてくれます

この車両保険には契約パターンが大きく分けて2種類あります。

事故例契約タイプ フルカバー
一般車両保険
スタンダード
「車対車+A」車両保険
火災、盗難、天災による水没、いたずらなど
他人の自動車と接触・衝突
当て逃げ ×
単独事故/電柱・ガードレールに衝突など ×

とにかくどんな時でも車を守ってくれるフルカバータイプと、最低限ここはおさえておきたいというスタンダードタイプです。

ここから更に、何かあった時に負担する金額を免責金額というのですが、こちらも選択する事になります。
負担額の選択は下の表になります。

プラン 1回目の車両事故時の負担額 2回目以降の車両事故時の負担額
0円 10万円
5万円 10万円
7万円 10万円
10万円 10万円

もし、1回目の事故で修理費が20万円だったとして、加入者負担額・・・つまり免責金額5万円Bプランに入っていた場合、自己負担額は5万円で残りの15万円保険会社が支払ってくれるようになります。

もし、免責金額0円Aプランならば、修理費の20万円全て保険会社が支払ってくれるという仕組みです。
と、例を挙げるとこんな感じで変わってきます。

当然ですが、自分の支払う負担額を大きくすればするほど保険料金は下がり、0円に近づければ近づけるほど保険料金は上がります。

使い分けをうまく行わないと、新車購入した車を自動車保険に加入した場合、年間でとんでもない金額を支払う事になってしまいます
ここは本当によく考えないといけない部分なので、じっくりプランを考える必要性があります。

管理人トニーの自動車保険に対する考え方

自動車保険に加入する場合、車両保険に入るかどうか凄く悩みますよね。
いざ愛車がどうにかなった時に、車両保険に入っていないと自分のお金で解決しないといけない事が多くなります。

じゃあどんな車を所有していても自動車保険に入った方が良いのか?と言われると疑問です。

例えばですが、僕が初めて購入した中古車のマークⅡバン。
購入金額は全てコミコミで40万ほどでした。

もしこの車で事故を起こしたり、壁にぶつかったとしましょう。
修理金額が明確にはわかりませんが、もし元に戻すために30万必要です。と言われた場合、そこまでして直す必要があるかどうかで車両保険に加入するかしないかが決まってくると思います。

中古車で安く購入したとしても、その車が物凄く気に入っているのなら加入をオススメします。
しかし、そうではなくて修理費が高額になり「壊れてしまったのなら別に他の車に乗り換ええてもいいや」と思うのであれば必要ありません。

新車でも次から次へと廃車にしては購入して・・・なんて事が出来るお金持ちにも車両保険は必要ありません。

もし多少擦ってしまったり、少し当ててもそのまま最後まで乗り潰す覚悟なら必要ないという事です。

まとめ

新車の場合結構な破損は保険会社に面倒を見てもらうと考えて、年単位の保険料を下げる意味も含めて10万円自己負担などのプランがオススメです。
運転技術に自信が無い方は0円プランもありかもしれませんが、年間の自動車保険金額は覚悟しておいた方が良いでしょう。

中古車は上記の判断を参考にして下さい。

※各社色々サービスが異なっているのと思うので、自分の合った所を調べたいという方は自動車保険の一括見積もりから調べて見て下さい。

管理人も利用した自動車保険の無料一括見積もりサービス


車査定したら買取価格が上がった!中古車を相場以上で売ったった。 TOPへ

このページの先頭へ