中古車を査定に出す時にオススメの時期とは?

カレンダー愛車を売りたいけど、出来れば高額査定してくれる時に売りたいものです。
ですが車というのは常に価格が変動していて、なかなかベストなタイミングというものが無いそうです。

結局のところ、今需要がある車を買取業者も手に入れたい訳です。
人気車種や売りやすいカラー(白や黒)なんかは販売しやすいため高額査定も望めます。

ダメな例として、真冬にオープンカーを売りに出すような暴挙はやめておきましょう(笑

しかし、最低限の基本として覚えておかなければいけないポイントがいくつかありますのでご紹介します。

査定に出す時のポイント3つ

早めに査定に出す

これは一番大切な事です。
先に新車を購入してしまい、納車日も決まっているような状態で現在乗っている車を一括査定するのはNGです。

なぜかと言うと、買取業者が納得行く金額を出してこなかったとしても、何としても納車日までには今の車を売らなければいけないので、査定価格に妥協して売ってしまう事に繋がるからです。

先に納車日なんかを査定士に伝えてしまった場合は足元を見てくださいと言ってるようなものなのです。
相手もプロですので、早く売りたいと思っている気持ちが態度に出てしまうと察知される可能性も十分にあります。

余裕を持って査定しておく事が重要です。

即決しない

複数の業者を呼ぶ事は何度も書いてきましたが、一番危険なのは即決する事です。
ある程度のところで妥協は必要ですが、どうしても納得行かない査定額の場合は考えてみる事も必要です

トニーは廃車と思われた車に4万円の査定額が付いたので直ぐ売ってしまいましたが、場合によっては廃車でも7万などの査定額がつく事もあるそうです。

頑張ればもう少し上乗せしてくれそうだなと感じた時は交渉してみましょう。
今後何度も訪れる車の売買のスキルアップにも繋がります。

年をまたがない

車の誕生日はどの車種も1月1日生まれです。
なので、年が明ければ明けるほど年式という名の年を取っていきます。

売却価格に納得がいかないからといって、余りにも時間をかけていたら新しい型が出てしまった!なんてなった時も結構厳しい状態ですよね。

5月中に売るところを決める!とスケジュールを立てておけばずるずる行く事も無いはずです。

計画的に高額査定が望めるうちに売ってしまいましょう。


まとめ

即決はダメだけど、ずるずる引き延ばして年を越してしまうのもダメです。
出来るだけ早め早めに一括査定をして、妥協する事無く気持ちよく車を売って新車が購入出来るようスケジュールを立ててみて下さい。


車査定したら買取価格が上がった!中古車を相場以上で売ったった。 TOPへ

このページの先頭へ