お店によって査定価格が変わる3つの理由

査定価格の比較表査定額がA店では50万
B店では45万
C店では70万
D店では62万
じゃあ売るのはC店で売ろう!なんて、なぜこんなに買取価格に差が出てしまうのか気になりますよね?

ここは買取店の人に思い切ってトニーが聞いてみました。

理由はいくつかあるそうです。
今回はざっくりとその理由について書きたいと思います。

販売ルートの得意・不得意

軽自動車ばかりを取り扱っているため、訪れるお客も軽自動車狙いで来ている店舗が、セダンを高額で買い取るなんて事は考えられませんよね?
この逆の場合も同様です。

販売店の立地条件がよかったり集客が上手で、仕入れては売れてを繰り返している超人気中古車販売店なら、売れるのですから査定額には期待出来るってわけです。

複数店舗に一括見積もりをかければ、得意・不得意を自分で調べる事無く査定額アップが望めてハッピーです。

 

売れ行きと在庫の関係

いくら人気車種でカラーも良いと言っても、同じものを何台も置いている事は販売店側にとっても微妙です。
毎日1台は売れている超人気車種なら話は変わると思いますが、月に3台売れる車種が既に3台ある・・・なんて場合は査定額も思い切れませんよね。

言ってしまえば、そこまで欲しい車じゃないって事です。

あまり可能性としては考えにくいですが、その在庫3台がいきなり売れてしまい、早急に在庫を確保したいなんて事があるなら翌日には高額査定になる可能性もなくはないのです。

全てがタイミングなので、愛車を欲しがっているところを探すためにも一括査定が有効というわけです。

 

既に買い手がいる

うまく車を売買しているお店は、査定段階から既におおよその売り手が決まっている事があるそうです。
ネットには中古車を代理で探してもらうサービスも存在していて、自分の欲しい条件を入力しておけば、オススメの車を販売店から提案してもらえるシステムです。

例えばですが、ブラックのハイエースが欲しい!と希望を出していた人がいたとして、たまたま査定希望を出してきた人がブラックのハイエースだったとします。

こうなればほぼ買い取ったものは売れるわけです。
在庫を抱えなくて良いとなると、多少利益が減ったとしても車を買い取って売りたくなるのです。
 

いかがですか?
仕組みがわかってしまうと、高額査定と納得行かない査定額が出てくる理由が見えたと思います。

一度無料一括査定の申し込みをしておいて、期待出来そうなところにまとまって査定に来てもらうようにすればバッチリです。
僕の体験談を参考にして下さい。
ネットでオンライン一括査定してみた

 


車査定したら買取価格が上がった!中古車を相場以上で売ったった。 TOPへ

このページの先頭へ