戯言
このエントリーをはてなブックマークに追加

運転中に携帯電話が禁止された理由から色々思うところ

denwa

2004年11月1日から取締りが一気に厳しくなった運転中の携帯電話使用ですが、納得出来る点と出来ない点が現在でもあります。
今日は警視庁に直接文句を言うほどの根性は無いトニーが、自分のブログで存分に戯言っていこうとおもいます。

 

事故を減らすための携帯電話禁止

『運転中に他ごとをやると事故の原因になるからダメ!』これが取締りを厳しくした理由だと思います。この理由なのですが、科学的に証明が出来るみたいです。京大グループが脳は2つの事を同時に高い精度でこなす事は不可能だと解明しました。続けてこう書かれています。

"車を運転中に助手席の人と込み入った話をすると、ブレーキを踏むのが遅れたり、きちんと答えられなかったりする"

原因は神経細胞がお互いの活動を制限し合っている事が原因ではないか?と書かれていました。え?ちょっと待って!隣の人と込み入った話をする事で『運転』と『会話』二つの活動が制限されるとするならば、携帯で話さなくても事故が増えるんじゃないの?と非常に疑問に感じます。

 

よくわからない謎のルール『ハンズフリーはOK』

もうこれが意味不明です。通常の携帯使用時との違いと言えば片手に電話を持って話しているか、耳に装着した機械で話しているかの差です。結局注意散漫の原因である『会話』を行っているじゃないですか!と激しくつっこみたいです。

でもこれちょっと難しいところでもある事はトニーも理解しています。タクシーやトラックの運転手が情報共有に使っている無線も禁止じゃあああ!!みたいな事になれば携帯電話禁止になる以前の、業務に絶対必要なツールすら駄目になるという悲しい事態になります。なのでハンズフリーはOKにしたのでしょう。

でもあれですよね?無線で話す事って業務的なやり取りなので、これだけは不問とすればよかったのでは?と思うのはトニーだけ?

 

結局重要なのは取り締まれない部分

一応現時点で問題の無い片手運転や、片手での飲食、喫煙、オーディオ操作ですが、これも十分問題がある行為だと思います。これは全てが駄目と言うわけではなく、状況をよく自分で考えた上で行動に移すべきだと思います。

なるべくジュースの缶を開けたりペットボトルを開けるのは信号待ちのときに。おにぎりやサンドイッチのパッケージを開けるときもそうです。オーディオ操作は機器だけに目を向けるのではなく必ず前をチェックしながら行ったり、ハンドルに操作ボタンが付いてる場合はそこで操作する事が好ましいと思います。

電話も同じだと思います。ハンズフリーだなんだという前に、手に取った携帯の画面を凝視してしまうようなドライバーに問題があると激しく訴えたいです。このようなドライバーは携帯ではなくても、現状問題の無い片手での飲食や音楽メディアの取替え時に前を見ていないはずです。

何かこう気が緩んでいるドライバーがピシッと初心を取り戻すような方法って無いのでしょうか?それを警視庁が編み出してくれれば携帯を禁止して事故を減らすとかではなく、全体的に絶対事故が減ると思うのです。


最後に

教習所で教えるべきは、標識や運転技術も大事ですが『余所見は取り返しの付かない事になる』ともっとしつこく教えるべきではないかなと思います。
余所見をしていたらこんな事になりましたシリーズを作って、事故加害者の体験談を生の声でお届けするなどは効果的な気もします。

根っこから原因を考えたい主義のトニーでした。

博学トニー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes