戯言
このエントリーをはてなブックマークに追加

車に頼りすぎると早死にする!?知らないとヤバイ3つの理由

hayajini1

都会暮らしと田舎暮らしの両方を経験した事があるトニーですが、明らかに都会住まいの方が長い生きするだろうなと常々感じています。その理由は『歩いて行動する事が多いから』です。

田舎では考えられないぐらい広い駅内部を、早足でスタスタ目的地に向かって歩き続けます。駅から職場まで歩いて、駅から自宅まで歩いて、休日のお出かけでも歩いて・・・と田舎暮らしの方に比べてどう考えても自分の足で歩く機会が多いのです。

田舎は車が無いと身動きが取れないと言っても良いほどの車社会。
さぁこの『歩かない生活』がどれほど危険なものか今日は語りたいと思います。


病気になりやすい


歩けば歩くほど汗をかきます。これは体温があがっているため体を冷やそうとする行為なので、当然病原菌が死滅しやすいです。
しかし、歩かないと体温が上がることもありません。そうすると体内に血液を活発に送る必要が余り無くなり心臓がさぼってきます

こうなると新陳代謝が悪くなり、一般的にいうところの『体力が落ちてきた』という状態になってしまうのです。少し歩けば息が上がり、階段なんかは地獄。何かの拍子に走るとその後、足がガクガクで心臓バクバクになります。

『歩かない+お風呂も浴槽に浸かる事無く行水』
これって現代人はやってしまいがちじゃないですか?
トニーは歩いてはいますが、浴槽には浸かっていません・・・

この習慣を続けると低体温になりやすいそうです。体温が35℃台の人とかです。
こうなると体内に入った病原菌が死ににくく、すぐ風邪を引いたりしてしまいます。

また、最近の社会人がよくなるうつ病。これも低体温の人がなりやすいのだとか。
体内へ活発に血液が送られないと色々なところで悪影響が出てきちゃうって事なのです。


筋力低下


足の筋肉は体全体の70%をしめているらしく、体の中でも超重要パーツなのです。
『衰えは足から』と言う言葉を耳にしますが、まさにその通り!足が弱れば心臓も弱まり体も弱まってしまいます。

ちなみに60歳を超え、1日入院すれば1年分の筋肉が衰えるそう。
つまり1ヶ月も入院すれば退院した後に動けなくなっていた・・・なんて事はごくごく普通の事なのだとか。
もうこうなると健康な状態での長生きの秘訣に歩く事が含まれるのは間違いないですね!

レジャー好きのお年寄りが長生きしている理由はココにあるのだと思います。
もっとトニーも動かなくては・・・


いざと言う時逃げれない


地震やら津波やらが常に心配される地震大国日本では、最終的に重要なのは自分の足で逃げる事。
走れ走れー!と言われた時に息が上がっていては逃げ切れない事も多いはず。

基本的に非難時は車に乗るのではなく、足で歩く事になるため車は役に立ちません。
ほぼ100%の確率で道は大渋滞しているはずなので、車での移動は自殺行為!

最後に信じれるのは己の体力のみ!

hayajini2

最後に

スーパーやホームセンターに出かけると入り口から遠い駐車場はガラガラなのに、入り口周辺には車がひしめき合って駐車されていて、どう見てもパンパンなのにどんどんお店の近くへと車を進ませる人を良く見ます。
それ俺の事だ・・・!と思った方は遠めに駐車して、今日から少しでも歩くように心がけてみませんか?

わりと健康なトニーでした。

走るトニー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes