戯言
このエントリーをはてなブックマークに追加

自転車の路側帯通行は田舎では危険!解決策を考えた

jitensya1

以前より自転車は路側帯を走行するように道路交通法が変わっていますが、最近では右側の道路の路側帯走行に『3か月以下の懲役または5万円以下の罰金』が下されることになりました。
※2013/12/1より改正

これは確かに自転車同士が出会い頭でぶつかりそうになってビックリしてしまい、車道側に出てきた時に車との接触事故の危険性が高いので非常に良い改正だと思います。ただ、これは“路側帯がしっかり整備されているところに限り”にするべきじゃないのかなと思います。

田舎の道路は路側帯があるところを探す方が難しいぐらいです。


歩道がやけに広い道が多い

どういった意図があるのかわかりませんが、トニーの行動範囲で最近工事して新しく出来る道路の殆どが歩道部分がやけに広いんです。しかも、歩道部分に等間隔に木を植えていたりします。確かに緑が多くなるのは良い事なのですが、周りを見渡せばいくらでも山がありますし、そもそも人が頻繁に歩いて通るような道でもないんです。

当然路側帯は作られていません。
この状態で注意されても・・・って思います。

ただ、トニーは路側帯走行に反対している訳ではないんです。
みんなが安全に快適に利用できる道路を作って欲しいのです。


そもそも事故の原因って?

これはトニーの予想なのですが、普通に前を向いて自転車を運転していれば歩行者と接触する事なんてまず無いはずなんです。急に子供が飛び出して来たりした時は仕方ないと思いますが。

事故の原因は本読み運転・スマホ弄りながら運転・大音量で音楽聴きながら運転・傘差しで前方全く見てない運転などなど、自己中心的な運転をしている人が起こしているのではありませんか?

信号待ちなどをしている時に見ていると必ず前方を見ずに運転している人を見かけます。あれこそが事故の元凶だと思うんです。

歩行者との接触事故が多いから、歩道を走っていた危険な自転車を車道側に追い出したところでも根本的な解決にはなってないとトニーは思ってます。

走行云々ではなく、人間性を注意していくべきなのでは?と強くトニーは感じます。悪質な違反走行を繰り返す自転車利用者や、幅寄せしている自覚の無い自動車運転手などはバンバン注意して良いと思います。

自転車自動車に限らず、こういうのは取り締まって欲しいです。


理想の解決策とは?

今の今まで歩道を自転車が走っていた訳ですから、今さら路側帯を確保するために道を広くするなんて事は出来ないと思います。でもこのままだと歩行者との接触が・・・ってなりますよね?そうなると解決策は『かもしれない運転』これしかないと思います。

トニーはこんな光景を見たことがあります。学校の駐車場から結構飛ばして道路に出ようとする大人(教員?)が、中学生をひき殺してしまいそうになってしまっている光景です。驚いた生徒に特に声をかける事もなく、そのまま走り去っていきました。このようなかもしれない運転が出来ない人が増え続ければどこを走行していようが必ずいずれ事故になります。

自転車でも同じです。この角から車が出てくるかもしれない!スーパーの駐車場出入口から自転車が出てくるかもしれない!少しお互いが減速しあえば未然に事故を防ぐ、もしくは何も起こらず済むはずなんです。


例えばですが、自転車乗り立てホヤホヤのボウヤが車道側に出て走ることを考えるとゾッとしませんか?かなりお年をめされた方の車道側走行も同じです。いつ転倒するかわかりませんし、ふらついて車道の中央当たりまで来るのは良く見かける光景です。

でも車側がかもしれない運転なら問題ないんです。

jitensya2


最後に

自動車教習所で教えるべきは交通法規はそこそこにしておいて、他人への思いやりだとトニーは思います。
自己中心的な考えを捨てて、かもしれない運転始めてみませんか?

事故の可能性がグーンと下がる事間違い無しです!

安全運転なトニーでした。

自転車に乗るトニー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes