このエントリーをはてなブックマークに追加

車の運転が下手な人がよくやる行動をまとめてみた

heta1

車の運転に自信が無い人は自覚があるので良いとして、自分は絶対にうまい自身がある!って人に限って下手だったりします。
今日は頭を真っ白にして、自分に該当するところが無いかチェックしてみて下さい。

車の運転が下手な人にありがちな行動』
・停止線を遥かに越えてとまる
・信号が青になる前からジリジリ前に進む
・左折で右に膨らむ・右折で左に膨らむ
・ブレーキを踏んでウインカーをつけながら曲がる
・曲がってからウインカーを出す
・ウインカーを出さずに曲がる
・ウインカーがずっとついている
・やたらでかいルームミラーを後付けしてる
・更にそのルームミラーが斜めになってる
・車線変更がうまく行かない
・右折信号なのに直進してくる
・渋滞時に脇道の出入り口を塞ぐ
・信号のある交差点で何も考えずつめて横からの直進を塞ぐ
・無灯火運転に気づかない
・アクセルを踏んだり放したりする
・サイドミラーをたたんだまま走る
・バックがうまく出来ない
・常にハイビーム
・踏み切りで一時停止をしない
・車庫入れ時に何度も切り返す

などなど、調べだすときりが無いほど出てきました。一部運転が下手と関係なく、個人的な好みが出ている書き込みもたくさんありましたが、そこらへんはご愛嬌ですね。

ではここからトニーが個人的に選んだ下手というかやめて欲しい行動ベスト3をあげたいと思います。

heta2


3位 停止線を守らない

これは『停止線を遥かに越えてとまる』と『信号が青になる前からジリジリ前に進む』の二つです。

停止線はトラックなどの大型車両が来たときにでも、邪魔にならないようなところに引かれています。それをオーバーしていてはトラックが曲がる時に邪魔になって困ってしまいます。

あとよくあるのが、歩道側の信号が変わったのを確認して車を前進させる人がいます。でも実は右折専用がその後ついたり、時差信号だったりと色々な要因で自分の車線が青信号になるとは限りません。

しっかり守って欲しいルールです。


2位 ウインカーの使い方がわかっていない

これはウインカーに関する事全てを含みます。

ブレーキ後に曲がりながらつける人が多すぎます。下手をすれば、曲がる時に切った手が当たったのかな?と思うようなタイミングでつける人もいます。

ウインカーはうまく使えばスムーズに車がはけて、道路の渋滞を大幅に減らすことが出来ると思います。左側にあるスーパーに入るためのウインカーを早めに付けることで、対向車線を不本意に封鎖してしまっている車を先に行かせて渋滞を解消する事だって出来ます。

ウインカーは曲がる時につけるのではなく、これからどう動きたいのかという意思表示です。
もっとうまくウインカーを使ってほしいです。


1位 曲がる時にふくれる

トラックなどの大型車両や、どう頑張ってもふくれない事には入ることの出来ない鋭角の細道は仕方がないですが、90度の道を左折する時に右側車線にめり込むようにふくれる人はどうにかして欲しいです。

一度接触寸前まで左側からふくれてきたのでクラクションをならしたのですが、自分が鳴らされた事に気づいていないような表情でした。あれは徹底的に教習所で禁止行為だと教えて欲しいです。

ネットで調べていたところ、左折車線を走っていた車が曲がる前に大きくふくれてきた事に驚いて、対向車に激突してしまった人を目撃したことがあるという書き込みがありました。これは本格的に取り締まり対象にしても良いのでは?とすら思います。

曲がる時に無意味にふくれる事が癖になっている人はご注意を!


最後に

車庫入れがうまく出来なかったり、縦列駐車がうまく出来ないという書き込みをよく見ますが、苦手であれば練習すればよいだけだとトニーは思います。

誰でもはじめからうまく出来るわけではないですし、練習あるのみです。トニーは免許取立ての時、休日友人に付き合ってもらって交代で駐車練習をしたものです。
苦手意識を持つのはこれでもかと言うほど練習した後からでも良いのでは?

満足行くまで練習は怠らないトニーでした。

グッドサインなトニー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes