このエントリーをはてなブックマークに追加

積雪が酷くて立ち往生!車内に備えておきたい5つのアイテム

ooyuki1

記録的な大雪のため、東日本では集落の孤立や道路で車が立ち往生したり、屋根や車庫が倒壊するなど大変な事になっているようです。西日本に住んでいるトニーは被害がありませんが、東日本にお住まいの方はお気をつけて!

そして、こんな時に車で立ち往生するはめになったとき、是非とも用意しておきたいアイテムを今日はご紹介したいと思います。
備えあれば憂いなし!


寝袋』


寝袋トニーこれは必須中の必須アイテムです。
以前もご紹介した通り寒いからと言って暖房をかけて寝るとガソリンは減るし、マフラーがふさがってしまうと一酸化炭素中毒になってしまうしで、良い事など何一つありません!今回の大雪でもお一人この中毒で亡くなられたと報道されていました。
気をつけてください。

既に3日間立ち往生している方が続出していますので、自分が巻き込まれないという保障はありません!
いざって時に体温が低下しないようにしっかり防寒対策はしておきましょう。


ダイナモライト』


dainamoこれも必ず用意しておきたいアイテムです。電池不要で手回しハンドルをグリグリ回すだけで充電が完了する素晴らしいものです。

充電が完了すればライトは当然ですが、ラジオも聴く事が出来ます。イヤホンもつけれるのでうるさくもありません。あと携帯も充電出来るのでかなりの優れもの!
※スマホが充電できないものが多いみたいなので注意が必要!トニーはガラケーなので問題なし!

東日本大震災の時でもラジオを聴いていると癒されたと体験談を話す方はたくさんいます。人の声や音楽が聴けるラジオは気持ちを保つためにも大事なアイテムです。是非用意しておきましょう。

トニーが持ってるのは1500円ぐらいのヤツですが、超優秀。
スマホが充電可能なダイナモライトは4000円ぐらいで購入出来ます。


乾パン』


保存食の王道と言えばこれです。
長持ちするので頻繁に入れ替える必要が無く、温度差にも強いので一度購入して車にぶち込んでおけば非常時の強い味方になります。通常3~5年ぐらい食べれますが、中には25年も保存できるものがあるというから驚きです。そもそも25年も腐らないものを食べて体に害が無いのか!?とすごく疑問になりますが、食べないよりマシだと思うのでこの際触れない事にします。

豆知識ですが、賞味期限とはメーカーが『この日までは美味しく食べれますよ』という基準であって、過ぎれば食べれなくなるわけではありません。缶詰の食べれるかどうかの見分け方は容器が膨らんでいるかどうかだと"さいとうたかを先生"のサバイバルという作品で読みました。たぶんあってるはず。

氷砂糖が入っているものが特にオススメ!


飲料水』


これは絶対に必要です
水が無ければ人間死ぬように出来ていますし、水さえあれば2週間ぐらいは生きれるようになっています。更にこれに加えて乾パンと氷砂糖があれば2ヶ月は生きていけると思います。メーカーにもよりますが賞味期限は、2リットルだと約2年で500ミリリットルは約1年です。

問題点は結構な重量になる事です。常に入れておくとタイヤにも負担がかかって微妙・・・ですが、自分が水を欲しくなった時は必ず他の人も欲しくなっています。遠出する時には面倒でも準備しておいた方が後々泣くことにならなくて済みます。

更に豆知識ですが、日本は世界的にも数少ない水道水が飲める国です。飲める国は世界的に11カ国です。やっぱり日本って凄い。


ウェットティッシュ』


これは地味に重要なアイテムだと思います。実に用途は様々!アルコールで除菌できるタイプだとより良いです。

病気の予防になったり、単純にベタベタの不快感などが解消されるのは素晴らしいです。

トニーはどこに行く時も常に車に乗せています。使えるヤツです。彼女を乗せた時でも手が汚れたらこれ使って!って出せるでしょ?こういうところが重要なんですよ!って何の話?


最後に

一応車内で過ごす事を前提に書きましたが、今回のように停電になった場合自宅でも油断は禁物です。
揃えておいて損はしないと思います。

炊き出しなどが振舞われる有難い地域もあるそうですが、なければ本当に死んじゃいます。
お出かけには準備万端で挑みましょう。

自然を舐めないトニーでした。

グッドサインなトニー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes